Get Smarty

Donate

Donate Bitcoin Bitcoin
Paypal

Smarty Icon

You may use the Smarty logo according to the trademark notice.

Smarty Template Engine Smarty Template Engine

For sponsorship, advertising, news or other inquiries, contact us at:

Sites Using Smarty

Buy cheap glasses from Cheapglasses123.com and save up to 80%.

Where to buy prescription glasses? GlassesPeople.com is your best choice!

Where to buy discount wedding dresses and cheap smart dresses free shipping - Weddingdresstrend.com

Find Wedding Dresses Online at Canada from Ca-dress.com

Discount Wedding Dresses at EvWedding.com

soccer kp is New 2016 Nike Mercurial Superfly V soccer cleats from soccerkpkp.com

Advertisement

Name

display() — テンプレートを表示します。

説明

void display(string template,
             string cache_id,
             string compile_id);

テンプレートを表示します (fetch() と違い出力を行います)。 第1パラメータには、有効な テンプレートリソース の種類を含むパスを指定する事ができます。任意の第2パラメータには キャッシュID を渡す事ができます。 詳細は キャッシュの項 を参照してください。

任意の第3パラメータとして $compile_id を渡すことができます。 異なる言語でコンパイルされた別々のテンプレートが存在するような、 同じテンプレートの異なるバージョンをコンパイルしたい場合に利用します。 $compile_id の別の利用法としては、複数の $template_dir を持っているが $compile_dir は1つしかない場合などがあります。各 $template_dir に別々の $compile_id をセットしなければ、 同名のテンプレートはお互いに上書きされてしまいます。 この関数をコールする度に compile_id を渡す代わりに、一度 $compile_id 変数をセットすることもできます。

Example 13.12. display()


<?php
include(SMARTY_DIR.'Smarty.class.php');
$smarty = new Smarty();
$smarty->caching = true;

// キャッシュが存在しない場合はデータベースを呼び出します
if(!$smarty->is_cached('index.tpl')) {

  // ダミーデータ
  $address = '245 N 50th';
  $db_data = array(
               'City' => 'Lincoln',
               'State' => 'Nebraska',
               'Zip' => '68502'
             );

  $smarty->assign('Name', 'Fred');
  $smarty->assign('Address', $address);
  $smarty->assign('data', $db_data);

}

// 出力を表示します
$smarty->display('index.tpl');
?>

   

Example 13.13. display() 関数にテンプレートリソースを指定した例

$template_dir ディレクトリ外のファイルを表示するためには、 テンプレートリソース を指定します。


<?php
// ファイルの絶対パス
$smarty->display('/usr/local/include/templates/header.tpl');

// ファイルの絶対パス (上と同じ)
$smarty->display('file:/usr/local/include/templates/header.tpl');

// windows環境の絶対パス (接頭辞に"file:"を使う必要があります)
$smarty->display('file:C:/www/pub/templates/header.tpl');

// "db"と名付けられたテンプレートリソースからインクルードします
$smarty->display('db:header.tpl');
?>

   

fetch() および template_exists() も参照してください。

Comments
No comments for this page.
Post a Comment
All comments are moderated. Support questions are ignored, use the forums instead.
Author:
Email: (not shown)
What is 5 plus 3? (Are you human?)

Advertisement