Get Smarty

Donate

Smarty Icon

You may use the Smarty logo according to the trademark notice.

Smarty Template Engine Smarty Template Engine

For sponsorship, advertising, news or other inquiries, contact us at:

Sites Using Smarty

Buy cheap glasses from Cheapglasses123.com and save up to 80%.

Where to buy prescription glasses? EyewearCanada.com is your best choice!

Where to buy discount wedding dresses and cheap smart dresses free shipping - Weddingdresstrend.com

Shop for 2018 World Cup Football Boots Online sale at guthjcc.com

Browse best 2018 world cup soccer cleats and shoes from SoccerAzteca.com

Advertisement

{foreach},{foreachelse}

{foreach} はデータの配列をループするために使います。{foreach}{section} ループよりもシンプルできれいな構文で、 連想配列をループすることもできます。

{foreach $arrayvar as $itemvar}

{foreach $arrayvar as $keyvar=>$itemvar}

Note

この foreach 構文は、名前つき属性を受け付けません。この構文は Smarty 3 で新しく導入されたものですが、Smarty 2.x 形式の {foreach from=$myarray key="mykey" item="myitem"} もまだ対応しています。

  • {foreach} ループはネストさせることができます。

  • array 変数を渡すと、その要素数で {foreach} のループ回数が決まります。 整数値を渡してループ回数を決めることもできます。

  • array 変数に値がない場合に、 {foreachelse} が実行されます。

  • {foreach} のプロパティには @index@iteration@first@last@show@total があります。

  • key 変数のかわりに、ループ要素の現在のキーにアクセスする方法として {$item@key} を使うことができます (以下の例を参照ください)。

Note

$var@property 構文は Smarty 3 で新しく導入されたものですが、 Smarty 2 の {foreach from=$myarray key="mykey" item="myitem"} 英式の構文での $smarty.foreach.name.property もまだ対応しています。

Note

配列のキーを {foreach $myArray as $myKey => $myValue} で取得することもできますが、foreach ループ内で常に $myValue@key で取得することができます。

オプションのフラグ

名前 概要
nocache {foreach} ループのキャッシュを無効にする

Example 7.30. シンプルな {foreach} ループ


<?php
$arr = array('red', 'green', 'blue');
$smarty->assign('myColors', $arr);
?>

  

$myArray を順序なしリストで出力するテンプレート


<ul>
{foreach $myColors as $color}
    <li>{$color}</li>
{/foreach}
</ul>

  

上の例の出力は次のようになります。


<ul>
    <li>red</li>
    <li>green</li>
    <li>blue</li>
</ul>

  

Example 7.31. 追加の key 変数の例


<?php
$people = array('fname' => 'John', 'lname' => 'Doe', 'email' => 'j.doe@example.com');
$smarty->assign('myPeople', $people);
?>

  

$myArray を キー/値 のペアで出力するテンプレート。


<ul>
{foreach $myPeople as $value}
   <li>{$value@key}: {$value}</li>
{/foreach}
</ul>

  

上の例の出力は次のようになります。


<ul>
    <li>fname: John</li>
    <li>lname: Doe</li>
    <li>email: j.doe@example.com</li>
</ul>

  

Example 7.32. {foreach} で itemkey をネストする例

配列を Smarty に割り当てます。key にはループする値のキーが含まれます。


<?php
 $smarty->assign('contacts', array(
                             array('phone' => '555-555-1234',
                                   'fax' => '555-555-5678',
                                   'cell' => '555-555-0357'),
                             array('phone' => '800-555-4444',
                                   'fax' => '800-555-3333',
                                   'cell' => '800-555-2222')
                             ));
?>

  

$contact を出力するテンプレート


{* key は常にプロパティとして使えます *}
{foreach $contacts as $contact}
  {foreach $contact as $value}
    {$value@key}: {$value}
  {/foreach}
{/foreach}

{* PHP の構文を使ってキーにアクセスすることもできます *}
{foreach $contacts as $contact}
  {foreach $contact as $key => $value}
    {$key}: {$value}
  {/foreach}
{/foreach}

  

上の例の出力は、どちらも次のようになります。


  phone: 555-555-1234
  fax: 555-555-5678
  cell: 555-555-0357
  phone: 800-555-4444
  fax: 800-555-3333
  cell: 800-555-2222

  

Example 7.33. データベースでの {foreachelse} の例

データベース (PDO) の検索結果をループします。この例は、array() ではなく PHP のイテレータをループします。


<?php 
  include('Smarty.class.php'); 

  $smarty = new Smarty; 

  $dsn = 'mysql:host=localhost;dbname=test'; 
  $login = 'test'; 
  $passwd = 'test'; 

  // テンプレート内で複数の結果カーソルを使う場合は、
  // mysql のバッファクエリを使うように PDO を
  // 設定します

  $db = new PDO($dsn, $login, $passwd, array( 
     PDO::MYSQL_ATTR_USE_BUFFERED_QUERY => true)); 

  $res = $db->prepare("select * from users"); 
  $res->execute(); 
  $res->setFetchMode(PDO::FETCH_LAZY); 

  // Smarty に代入します
  $smarty->assign('res',$res); 

  $smarty->display('index.tpl');?>
?>

  

{foreach $res as $r} 
  {$r.id} 
  {$r.name}
{foreachelse}
  .. 検索結果が見つかりませんでした ..
{/foreach}

  

上の例では、結果に id および name というカラムが含まれることを前提としています。

普通に配列をループさせるのに比べたイテレータの利点は何でしょうか? 配列の場合は、すべての結果をメモリに取り込んでからループが始まります。 イテレータの場合は、ループ内で 1 件ずつ読み込みと解放を繰り返します。 これは、結果セットが巨大な場合は特に、処理時間とメモリの節約になるでしょう。

@index

index には、現在の配列のインデックスをゼロから数えた値が含まれます。

Example 7.34. index の例


{* 4 回目の反復 (index が 3 のとき) に空の行を出力します *}
<table>
{foreach $items as $i}
  {if $i@index eq 3}
     {* 空の行を出力します *}
     <tr><td>nbsp;</td></tr>
  {/if}
  <tr><td>{$i.label}</td></tr>
{/foreach}
</table>

  

@iteration

iteration は現在のループが反復された回数を表示します。 index とは異なり、常に 1 から始まります。 各ループごとに 1 ずつ加算されます。

Example 7.35. iteration の例: is div by

"is div by" 演算子を使うと、特定の回数を検出することができます。 これは、4 件おきに名前を太字にする例です。


{foreach $myNames as $name}
  {if $name@iteration is div by 4}
    <b>{$name}</b>
  {/if}
  {$name}
{/foreach}


Example 7.36. iteration の例: is even/odd by

"is even by" 演算子と "is odd by" 演算子を使うと、 特定の件数ごとに何かを切り替えることができます。 even と odd で、どちらから始まるかが切り替わります。 これは、3 件おきにフォントの色を切り替える例です。

 
 {foreach $myNames as $name}
   {if $name@iteration is even by 3}
     <span style="color: #000">{$name}</span>
   {else}
     <span style="color: #eee">{$name}</span>
   {/if}
 {/foreach}
 
 

この出力は、次のようになります。


    <span style="color: #000">...</span>
    <span style="color: #000">...</span>
    <span style="color: #000">...</span>
    <span style="color: #eee">...</span>
    <span style="color: #eee">...</span>
    <span style="color: #eee">...</span>
    <span style="color: #000">...</span>
    <span style="color: #000">...</span>
    <span style="color: #000">...</span>
    <span style="color: #eee">...</span>
    <span style="color: #eee">...</span>
    <span style="color: #eee">...</span>
    ...

   

@first

first は、現在の {foreach} の反復が最初のものであるときに TRUE となります。 ここでは、最初の反復時にテーブルのヘッダを表示します。

Example 7.37. first プロパティの例


{* 最初の項目にはテーブルのヘッダを表示します *}
<table>
{foreach $items as $i}
  {if $i@first}
    <tr>
      <th>key</td>
      <th>name</td>
    </tr>
  {/if}
  <tr>
    <td>{$i@key}</td>
    <td>{$i.name}</td>
  </tr>
{/foreach}
</table>

  

@last

last は、現在の {foreach} の反復が最後のものであるときに TRUE となります。 この例では、最後の反復に横罫線を表示します。

Example 7.38. last プロパティの例


{* 一覧の最後に横罫線を追加します *}
{foreach $items as $item}
  <a href="#{$item.id}">{$item.name}</a>{if $item@last}<hr>{else},{/if}
{foreachelse}
  ... コンテンツ ...
{/foreach}

  

@show

show{foreach} のパラメータとして使用します。 show は boolean 値です。 FALSE の場合は {foreach} は表示されません。

Example 7.39. show プロパティの例


<ul>
{foreach $myArray as $name}
    <li>{$name}</li>
{/foreach}
</ul>
{if $name@show} 配列にデータが含まれている場合にここで何かをします {/if}


@total

total には、 {foreach} がループするトータル回数が含まれます。 これは、{foreach} の内部だけではなく ループを抜けた後でも使用できます。

Example 7.40. total プロパティの例


{* 返された行の総数を最後に表示します *}
{foreach $items as $item}
  {$item.name}<hr/>
  {if $item@last}
    <div id="total">{$item@total} items</div>
  {/if}
{foreachelse}
 ... 別の内容 ...
{/foreach}


{section}{for} および {while} も参照ください。

Comments
No comments for this page.
Post a Comment
All comments are moderated. Support questions are ignored, use the forums instead.
Author:
Email: (not shown)
What is 15 plus 17? (Are you human?)

Advertisement